マラソン好きホテルマンの不定期日記


by cornerstoney

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
マラソン
ホテル
家族
単なる日記
スポーツ
映画

以前の記事

2015年 01月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 05月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

フォロー中のブログ

ワーキング☆ガールのweb手帖
in my room
asasema
カフェ・オ・レでも淹れましょう

マイリンク

最新のトラックバック

さらば「不世出のメガネ捕..
from <徳島早苗の間>
第89回選手権大会・高校..
from <徳島早苗の間>
「サガシリーズ」は終わら..
from <徳島早苗の間>
長崎日大2回戦突破。 -..
from <徳島早苗の間>
特待生問題について。
from <徳島早苗の間>
今年の24時間マラソンの..
from 今年の24時間マラソンのラン..
お・小城~・・・。 -第..
from <徳島早苗の間>
ドラマ華麗なる一族のあら..
from ドラマ華麗なる一族のあらすじ..
高橋尚子の次のチャレンジ
from 生活のキーワード
祝☆ブログ一周年~。
from <徳島早苗の間>

ライフログ


黄金の鍵で心、読みます。―コンシェルジュという究極のサービス


BS ASIAN KUNG-FU GENERATION ソルファ


RIOT ON THE GRILL


ディセンバー


北欧への想い


リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間


五つ星のサービス・マインド


新 総支配人論―グローバルホテル経営の日本的着地を目指して

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:ホテル( 35 )

ピッチャー

営業終了という報道がながれた。

自分が生きていく上で勝手に大きな転換というか、憧れというか・・・そう感じたホテルであり、
尊敬するホテルマンのかたが指揮してたホテルだ。


本当に残念ではある現実なのであろう。

つまり、宿泊に関しては戦略、戦術、レベニューのしっかりとした考えがないといけない。


高級路線、価格下げて稼ぐ。色々方法はあります。


ただ、考えて露出や商品の良さを伝えること。

なんというか、常に考えなければ・・・・


自分は少年野球でピッチャーだった。


そのつど配球やコースを考えた。あたりまえだが。



同じなのだろう。打たれにくいコースに投げるか否か。



ようはその時々を考えるスタッフは全員ピッチャーだ。



投げるボールはなにか。自分の良さはなにか。かんがえて勝負したい。
[PR]
by cornerstoney | 2012-05-17 21:38 | ホテル

ターゲティング

最近、読んでいる本「競争の戦略」

ま、恥ずかしながら、難しく読むのに非常に時間がかかっています。
そこで頭が悪いなりに少しだけ気がついた。

女性の雑誌について。(こんな内容は勿論記載はないが。)

たとえば簡単にある3誌に絞った

「MORE」
「cancam」
「CLASSY」

自分のホテルのターゲットはどこだ?

まあ、失礼な話ですが、「MORE」でも高額で、時間を気にせず、「CLASSY」な人も
居るでしょう。

しかし、なんでもかんでもではいけないし、しっかりターゲットを絞るのが
重要だなぁ。

いろんなプランやいろんな戦術はいい。

でも、新たなポジショニングの場合は【ドクターペッパー】なのだ。


決めた人間を生かすべく私がしっかり戦術をたて、売らなければならない。


絶対に。
[PR]
by cornerstoney | 2010-05-30 21:00 | ホテル

人事異動

こちらも春恒例のひとつ。

自分は今の仕事がやりがいがあり、今のポジションで
上に上がっていきたい・・・と考えている。

ある部下が違う部署に異動になった。

本人の行きたい場所。

寂しい反面、心から気持ちよく送り出せない大人気ない・・・

自分。

彼女のことを考えれば、大切な異動となるだろう。
そんな中、彼女にささいな個人的な送別会をした。

AWキッチンに行き、
最後はセルリアン。


自分の好きな場所を案内し、激励してみました。


たくさんの後輩を育てることのできる
すばらしい人材を見つけられる
人の話の聞ける
人間的に素敵な女性になってほしい。

自分のことはさて置き・・・
[PR]
by cornerstoney | 2010-03-30 11:48 | ホテル

最近

自分が年下や既存の社員を差し置いて
世間的に言う「上の立場」になり、3ヶ月たった。

予想以上に辛く
厳しい日々だ。

面白くない人間はいまだにおり、当然自分には
過去以上の結果を求めているのであろう。


ここを乗り切らなければ、先は見えない。

ホテルってなんだろう。

色々あるなか、利益も追求。
一流ホテルでなければならない世間の評価。

ホスピタリティー・・・・

「滞在中になにかしてあげたい」という気持ちと
利益・・・は=なのか。

確かに自分は仕事はできないが。

見えないものに押しつぶされそうだ。

良くわからないブログになってしまった。

高校野球が始まった。

わが母校も勝ち進んではいる。

頑張って欲しい。
[PR]
by cornerstoney | 2008-07-02 20:37 | ホテル

「天気晴朗なれど波高し」

日露戦争時の言葉。

先日、北海道にいる母方の祖母が亡くなった。
実は、色々と問題があり、疎遠だった。

ただ、唯一連絡をとっているかたから連絡があり、
北海道にむかった。

お線香をあげて帰ってきたが、心のなかであいさつができたので
良かった。

祖母の住まいは室蘭。母の生まれ育った町だ。

色々歩いたが、感慨深いものがあった。


さて

本題。

室蘭だったので、洞爺が近い。

ん-・・・・・泊まるしかないなこれは。

7月に脚光を浴びる、憧れの「サミット」なホテルに

ついに宿泊した。

もう

最高。

理想だ。

ホテルって空間が大切だと思っていた。
空間って言葉にするのは簡単だが、
私はロビーの空間が素敵なホテルが好きだ。

このホテルにはそれが、すべてだ。

勿論、オペレーションや人材など中に入れば
大変なこともあるだろう。

だが、最高のホテルだ。

今のホテルもそうしたいし、そういうホテルで
働きたい。

そして、今

少しだけ責任のある立場にたった。

「ホテル」という業界は離れていく方が多い。
確かに、賃金の面や先行きのことを考えると厳しい。

いつの日か、外国人の従業員がほとんどのホテルも
でてくるだろう。

それでも

ホテルしかない。



あそこに宿泊して感じた。

一人の

しがない

ホテルマンを

虜ににするホテル。

そんなホテルで働きたいし、そんなホテルしたい。


「天気晴朗なれど波高し」

外見は晴れているが、自分に与えられた環境は
決して優しくなく、「波高し」だ。

もう逃げられない。
[PR]
by cornerstoney | 2008-04-10 00:26 | ホテル

危機管理

某ホテルで火災があったとのこと。

本当に怖い。

夜勤なんかやるときには、いつも緊張している。


こういうことがあってからではなく
いつも危機管理を意識して仕事に励みたい。
[PR]
by cornerstoney | 2008-02-15 21:21 | ホテル

現実

少し個人的な話。

ホテルのフロントは一見華やかに見えるが
決してそうではない。

事実、ホテルの雑用全般な部分もあるし、
お客さまは「とりあえずフロント」であり、
勤務体系も決して楽ではない。

仲間が辞める。
ホテルで働くことは二度とないと言う。

非常に優秀な人で、某有名ホテルでバリバリ
働いてきた人

そのひとが辞める。

理由は「ストレス」らしい。
女性だが、辛い仕事だとは思う。
ストレスも正直感じる環境だ。

ホテルの環境、勤務体系、上司。
色々あるだろう。

人間はどこまでが眼界なのか。

自分も辛いときは正直ある。
認めてもらえない実力のなさに落ち込むときもある。

ただ、とにかく悲しい。

こうしてまた一人、立派なサービスマンが去る。
ここで挫けるようじゃだめのかもしれないが。

現実は甘くない。
そんな優秀な人間さえも駄目にしてしまう
この環境。

現実

である。
[PR]
by cornerstoney | 2007-09-17 19:40 | ホテル

このさき

気になる記事が・・・
 
「 帝国ホテルの株価が3日、4日と連日ストップ高となっている。5日午前はさすがに値を下げたが、3日に「サーベラスが保有株全部(発行済み株式の40%)を売却する方針」と報じられたことから、思惑買いが入っているためだ。」


帝国ホテルにとっては・・・激震でしょう。

三菱か三井か・・・よくわからないが、非常に悲しく切ない話だ。

全日空もインターコンチになった今、これからこういったことは日常茶飯事に
なるのでしょう。

気持ちを切らさず頑張りたい。

色々な意味を含めそう思う。
[PR]
by cornerstoney | 2007-07-08 22:30 | ホテル

My favorite hotels vol8

ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ

やはりここはすごい。
LHWの登録され、伝説のホテリエで尊敬する方のホテル。

来年のサミットではさらなる注目を浴びることであろう。

そういえば

この間、新聞で読んだのですが・・・

「北斗星」のプラン。

一度、北斗星にのってみたいです。
[PR]
by cornerstoney | 2007-06-07 23:29 | ホテル

お客様から教わること

とある日ご宿泊くださったのお客様の話。

会話をしているとホテル業界にくわしく、色々質問
をされ、最終的には・・・
「マーケティング」やら「M&A」にまで発展。

そういうお客様と話しをさせていただいていると、楽しいです。
まだまだ私は勉強不足な部分が多いので、恥ずかしがらずに
教えていただいています。

そのお客さまに限らず、色々なホテルをご利用しているお客様の
ご意見はしっかり受け止めるべきだと個人的には思います。

ホテルフリーク・・・
「あそこはこうだった」とか「ここはやってないの?」とか
言われるでしょう。

このようなことを書くと「馬鹿じゃない?」言われるかもしれませんが、
受け止めて、変えようとする感覚が大事なのではないでしょうか。

新しい音楽や斬新なものについても同様です。

何が良いのか・・・
どうして良いのか・・・

「なにでもかんでも好き嫌いで判断してよいのかなぁー」
と思います。

尊い・・・尊いものは「命」だけではない。

お客さまから教わること。
すべてにおいて尊いものなのだと信じています。
[PR]
by cornerstoney | 2007-02-21 01:41 | ホテル