マラソン好きホテルマンの不定期日記


by cornerstoney

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
マラソン
ホテル
家族
単なる日記
スポーツ
映画

以前の記事

2015年 01月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 06月
2011年 01月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 05月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月

フォロー中のブログ

ワーキング☆ガールのweb手帖
in my room
asasema
カフェ・オ・レでも淹れましょう

マイリンク

最新のトラックバック

さらば「不世出のメガネ捕..
from <徳島早苗の間>
第89回選手権大会・高校..
from <徳島早苗の間>
「サガシリーズ」は終わら..
from <徳島早苗の間>
長崎日大2回戦突破。 -..
from <徳島早苗の間>
特待生問題について。
from <徳島早苗の間>
今年の24時間マラソンの..
from 今年の24時間マラソンのラン..
お・小城~・・・。 -第..
from <徳島早苗の間>
ドラマ華麗なる一族のあら..
from ドラマ華麗なる一族のあらすじ..
高橋尚子の次のチャレンジ
from 生活のキーワード
祝☆ブログ一周年~。
from <徳島早苗の間>

ライフログ


黄金の鍵で心、読みます。―コンシェルジュという究極のサービス


BS ASIAN KUNG-FU GENERATION ソルファ


RIOT ON THE GRILL


ディセンバー


北欧への想い


リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間


五つ星のサービス・マインド


新 総支配人論―グローバルホテル経営の日本的着地を目指して

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2007年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

凛とした精神

「進退谷まる」
スポーツの監督が結果を残せないと、
よく聞く言葉です。

プロともなると、相当なリスクとプレッシャーの
中でリーダーシップとコミュニケーションそして
ネゴシエーションが必要となります。

スポーツの世界とは少し異なりますが・・・

自民が惨敗に終わった参議院選挙。
安部総理が続投することに、
疑問を感じている方も少なくないでしょう。

個人的にどうこう言う資格はないので、
何も言えませんがこれを会社に当てはめると
どうでしょう。

責任を負うことをのらりくらり逃れて、
ねずみさんのように生き抜いている人を
過去に見てきました。

ある程度の地位の方が辞するのは相当の
勇気がいることはよくわかります。

ただ、「凛」として欲しいかなと。

結局、若い頃から言い訳ばかりしていると
「凛」とできない環境と自分自身を
作り上げてしまうのかもしれません。

まあ、自分は上に立つ人間にはまだまだ
程遠いですが、「言い訳」という土で育った
木にはならないようにしたい。

そして

「出る杭は打たれる」らしいですが
現状を替える 努力をしたい。

自分はたとえ何があっても「凛」したい。

そういえば。

幕末の志士、坂本竜馬は自らを犠牲にし、
奔走した姿を例え話で

「凛とした精神」

と言われたとのこと。

「みんなで渡れば怖くない」もよいが、
「凛とした」精神が新しい時代を開いたのだと思います。
[PR]
by cornerstoney | 2007-07-31 15:57 | 単なる日記

過ぎ去りし夏

大阪桐蔭 中田選手の夏が終わった。

正直、大阪大会を勝ち抜くのは容易ではないと
思っていましたので、結果を聞いて驚きはしませんでした。

神様の存在を信じるか・・・といえば難しいが、それに似た
人生を操る目の見えないものはあるかもしれない・・・と思います。

この敗戦が中田選手をどこまで大きくするのか。

誰かが操っているのであれば、それは何年後に
わかるのか。

それにしても高校野球は面白い。
夏になって突然強くなり、甲子園なんてこともよくある。

特待生なんて関係なしに。
[PR]
by cornerstoney | 2007-07-31 00:57 | スポーツ

自分にとって新しいもの

昨日は隅田川の花火、会社の近くでも花火大会があり、
浴衣の男性、女性が多くいた。

暑いにも関わらず、足を運び楽しむ・・・
それだけ、花火の魅力は素晴らしいのでしょう。

実は個人的に花火はそんなに好きではない。
どうしてなのかはわからない。

子供の頃からそうだった。

本当に自分は変わっていると思う。
スポーツは非常にすきだが、男性なら魅力に取り付かれる、
車やバイクには全く興味がなく、子供の頃にはやった「ファミコン」は
持っていなかった。

そして「山」はすきだが、「海」は好きではない。
(海の食べ物は大好物ですが)

育った環境はあるのかもしれないが、不思議だ。

いまさら大きく変えようとは思わないが、人生少し損しているかな・・・
って思うようになった。

もう少し自分の心を色々切り開いてみようと電車の中で思った。
[PR]
by cornerstoney | 2007-07-29 11:02 | 単なる日記

高校野球を通じて

北海道は結局「駒大」で占めた。

個人的には(特に北北海道)はあまりに順当すぎて
言葉も無い。


甲子園で活躍できるようにこころから願う。

各地で熱戦が繰り広げられているが、本当にこの時期は
楽しいというか、心踊るというか。


高校生の思いを感じたい。


大人になると忘れてしまいがちだ。

期待されることがすくなくなるからか・・・・
[PR]
by cornerstoney | 2007-07-22 22:15 | 単なる日記

時代の流れ

高校野球の夏の予選も少しづつ盛り上がり
を見せてきました。

我が母校もまだ残っており、甲子園に向けて
頑張って欲しいと思います。

すごく個人的な話なのですが・・・

私の育った旭川。

旭川の駅前にある「アサヒビル」がなくなり、
ホテルに生まれ変わるとのこと。

アサヒビルは本当によく行った。
というよりよく通った。

バスの乗り換えのために。

高校の帰り、駅方面に寄り道した際、
帰りはそこから乗った。

別の高校に行った中学の友達とあったり、
デートの行き帰りに乗り降りもした。

バスの待ち時間、地下のレコード屋で
時間をつぶした。

入り口の公衆電話・・・よく使った。

思い出すときりがないが、今度旭川に行ったときは
もうないのだろう。

建物はどんどん新しくなっていく。

時代の流れなのでしょう。
[PR]
by cornerstoney | 2007-07-17 12:31 | 単なる日記

生まれ持った才能

イチロー選手がMVPを獲得した今年のMLBオールスター。

イチロー選手はほんとうにすごい
いつも尊敬する。

生まれ持った才能をいかすか、いかさないか。
そして努力するか、しないか。

世の中大変だ。

そして自分におきかえると・・・残念ながら、凡人。、

それ以上に努力をしなければならない。
[PR]
by cornerstoney | 2007-07-12 22:14 | スポーツ

このさき

気になる記事が・・・
 
「 帝国ホテルの株価が3日、4日と連日ストップ高となっている。5日午前はさすがに値を下げたが、3日に「サーベラスが保有株全部(発行済み株式の40%)を売却する方針」と報じられたことから、思惑買いが入っているためだ。」


帝国ホテルにとっては・・・激震でしょう。

三菱か三井か・・・よくわからないが、非常に悲しく切ない話だ。

全日空もインターコンチになった今、これからこういったことは日常茶飯事に
なるのでしょう。

気持ちを切らさず頑張りたい。

色々な意味を含めそう思う。
[PR]
by cornerstoney | 2007-07-08 22:30 | ホテル

感謝

感謝・・・
ありがたいと思う気持ちを表すこと。また、その気持ち。「―の心」「深く―する」

世の中には色々な人がいるので、
あまり大きなことはいえない。

いまこうして生きていることに「感謝」したい。

今日は結婚記念日と娘の誕生日です。

妻という人間に出会えたことに「感謝」したいです。
娘という素晴らしい「命」に出会えたことに感謝したいです。

これからどんな困難や辛いこと、想像もできないことも
待ち受けているかもしれない。

ただ、この世に送り出してくれた「父」「母」に感謝したいです。

感謝。

感じたものに対し謝ると書く。

いつでもどんなときも「謝る」は
心を透き通ったものであって欲しい思います。
[PR]
by cornerstoney | 2007-07-05 16:29 | 家族